スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
幸せの時間。
週に一度のお楽しみ。
もうほんと可愛いのですわ。
馬場に砂がザザーッと入って砂山が出来たらみんな大喜びして走り回る、とか。
20160407うま1

20160407うま2

ちょいと咬み癖があるけど、馬場でピトっと寄り添ってくる、とか
20160407うま4

写真撮ってると迫ってくる、とか。
20160407うま3

もう可愛くて仕方有りませぬ。
この一日の為に仕事を頑張れる今日この頃。

最近旦那はんは私の怒りをかうようなことをしでかしたら、
「今日馬どうだった?」
「最近馬どう?」
とか聞いてくる。
心得とるな、アヤツ。

スポンサーサイト
04/07 22:01 | Horses | CM:0
再開!
馬生活。
20160303うまたち

馬と建築と私〜♪
愛するおうまのため〜♪
的な。

あまりにもこの馬たちと過ごす一日が幸せ過ぎて、記録を残しておかずにはおれんくなった。
山の上にいる4頭の馬。

おっとりハヤテ
20160303はやて

やんちゃクラウス
20160303クラウス

おばあちゃんツバサ
20160303つばさ

わがままボーイマウルル
20160303マウルル

ああもぉかわいい!

まー以下はどうでも良い話ですが、なんで馬?!と思った方の為に。

なぜここまで馬が好きなのかは自分でもわからない。
でも子どもの頃からウマウマウマウマ言い続けているわけで。

高校の時、建築の道に進むか、馬の道に進むか、悩んだ末に建築を選んだ私。
馬から建築に行くのは至難の業だけど、建築から馬ならなんとかなるんちゃう?という安易な考えで。
大学時代は週末に乗馬クラブに通い、朝から馬の世話と会員さんのお世話(要はどっちものシモベ)をして夕方一鞍乗せてもらう、ということもやっていたわけで。
しかし建築の道に進んだら、土日返上徹夜は当たり前、な世界で、ほぼ馬と関わることが出来なくなっていたのですわ。

と言う事で、「一級建築士」というケジメを付けた去年の暮れ、爆発的に、馬!!!!となった訳で。
新年早々「馬」漁り。
で、見つけちゃったということですね。
一日ボロ(う○こ)拾い係。

只今理想の「建築の仕事」+「馬との時間」を叶え、絶賛幸せ中です。
03/04 00:53 | Horses | CM:4
template design by takamu
Copyright © 2006 Ku+ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。